髪のダメージ 原因とオールインワンシャンプー

気になる髪のダメージ原因とシャンプー

髪のダメージ…原因の多くは「摩擦」だった!? 髪のダメージ原因とオールインワンシャンプーの有効性を御紹介

 

美しい髪をキープするために
知っておきたいダメージの原因。

もしかしたら、知らず知らずのうちに
毎日髪を痛めつけてしまっていた、
なんてことも…

原因を理解して美髪生活を始めましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

髪のダメージ その原因とは…

 

■ お風呂上がりの濡れた髪にブラッシング

髪は濡れている状態が最もナイーブです。

洗い流さないトリートメントをつけ
ブラッシングをするという方は要注意!
かえって髪を傷めてしまう原因となることもあります。

濡れた髪にブラッシングは控えてください。

 

■ 髪が濡れたまま就寝する

上述でもお伝えしましたが、
濡れた状態の髪は非常に敏感です。

この状態で寝てしまうと、
枕と擦れることで摩擦が起き、
キューティクルが剥がれる原因となります。

また、髪が折れたり、曲がった状態で
自然乾燥することになるので
クセ毛やうねりの原因となります。

さらに、頭皮や枕に雑菌が繁殖しやすいので
髪に大きなダメージを与えることになります。

 

■ 無理なブラッシング

1番行ってはいけないブラッシング方法は、
力任せに無理やりブラッシングする方法です。

摩擦により髪にダメージを与えてしまいます。

ブラッシングは、あくまで優しく、
自分の髪を労わりながら行ってください。

 

■ 長時間のドライヤー

艶が保たれている髪の状態というのは、
髪のタンパク質に水分が含まれている状態をさします。

つまりは、スキンケアにおいても、髪においても、
乾燥させないことが最も大切ということです。

ドライヤーは、長時間、高温で髪に当てることにより
髪が持っていたい水分までも乾かしてしまいます。

髪が乾燥すると、髪のタンパク質は
ボリュームを失って変化してしまいます。

さらに、気をつけていただきたいのが
ドライヤーとブラッシングのW使いです。

熱と摩擦のダブルパンチは
髪へのダメージが非常に大きくなります。
また、ドライヤーを下から当てることで
キューティクルが逆立ちます。

それが、パサつきの原因となるのです。

 

■ タオルドライ

タオルを髪に擦りつけるようなタオルドライは
摩擦により髪にダメージを与えてしまいます。

優しく包みこむようなタオルドライが◎です。

 

■ 自然乾燥

ドライヤーの熱による乾燥も気をつけたいところですが、
自然乾燥はもっと危険です。

髪の自然乾燥は、
キューティクルが開いた状態になり、
ダメージを受けやすくなります。

この状態の髪にタオルや枕との摩擦をプラスすると
ダイレクトに髪を痛める原因となります。

髪が濡れた状態を短くするためにも
タオルドライ後はすばやくドライヤー等で
髪を乾かす習慣をつけてください。

 

■ 自宅でのヘアカラー

自宅でのヘアカラーは、美容室と比べて
安価で短時間で済むので楽でいいですよね。

ただ、その分カラー剤も強力なものを使っているので
何度も繰り返し使用することはお勧めできません。

頻度や用途を工夫して
美容室との使いわけを考えてみてください。

 

■ 洗いすぎ

シャンプーやコンディショナーを用いて
髪を洗っているかと思いますが、
ゴシゴシと洗うと髪には大ダメージです。

髪に触れれば触れるほど
摩擦により痛めてしまいます。

また、洗うときのお湯の温度も重要です。
高温のお湯は髪を痛めつけてしまいます。

 

「摩擦」が髪に最も大きなダメージ

以上のことからわかるように
髪を痛める一番の要因は「摩擦」です。

摩擦を減らせば美しい髪を保つ近道となります。

摩擦の低減には、
オールインワンのシャンプーがお勧めです!

Toccoのオールインワンシャンプーなら、
シャンプーからトリートメント、
頭皮のケアまで1度で完結するので、
髪に触れている時間が節約でき、
その分ダメージを緩和することができます。

Toccoのシャンプー 機能は5役▼

ヘアシャンプー
ヘアトリートメント
ヘアコンディショナー
頭皮クレンジング
頭皮トリートメント

1度に5役の機能を果たし、
何度も髪に触れることがなく
摩擦を格段に低減することができます。

また、通常サロンで行う頭皮ケアまで
毎日のシャンプーに取り入れられ、
頭皮から髪の先まで
アンチエイジングを叶えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です