どんな肌質でもOK!アルカリ性化粧水で潤いケア

アルカリ性化粧水が肌に与える嬉しい効果

アルカリ性が肌に悪いという考えは間違い?知っておきたいアルカリ性化粧水の効果

 

アルカリ性と聞くと、
「人の肌には強すぎる」と思われがちですが、
アルカリ性の化粧品は、
肌に嬉しい効果をもたらしてくれるので
アンチエイジングに最適です!

ご存知の通り、人間の肌は常に弱酸性です。

弱酸性の肌に、弱酸性のものをつけても
肌状態は何も変わりません。

逆に、弱酸性の肌に弱アルカリ性の化粧水をつけると
毛穴が一気に開き、キュッと閉じる反応が起こります。

そこにアルカリ性化粧品の狙いがあるのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間と同じ弱酸性の化粧品を使ったほうがいい…?
アルカリ性化粧品は刺激が強い…?
敏感肌の私には合わない…?

 

そんな印象は捨ててください!

敏感肌やゆらぎ肌の方にこそ
弱アルカリ性化粧品をお勧めできます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そもそも、人間の体内はアルカリ性に保たれています。
体内を弱アルカリ性に保つため、皮膚から酸を体外に放出しています。
放出された酸の捨て場となる皮膚表面は
常に弱酸性となっているわけです。

角質層により働きかけるために
アルカリ性の化粧品を使う方が良いと言えます。

 

お肌は放っておくとどうしても弱酸性に傾いてしまうので、
化粧品などのケアで弱アルカリ性に一瞬戻してあげることが大切です。
そうすることで結果的に皮膚が持つ力が自然に働くのです。

 

さらに、アルカリ性化粧品の特徴として、
肌を柔らかく仕上げる効果や、
油分をすっきり落とす効果が大きく、
夏場やスポーツなどで多く汗をかく方は特にお勧めできます。

汗をかくと汗腺に余分なものがたまりやすく、
慢性的なニキビや吹き出物の原因となります。
アルカリ性化粧品はこのような状態の肌を
清潔に保つ効果も持っています。

また、肌が柔らかくなることで汗腺が広がり、
中に詰まった汚れ等、余分なものが排出されるので
肌トラブルのない健やかな肌を保つことができます。
毛穴の開きも抑えられ、キメの細やかな毛穴レス肌を叶えます。

——————————————————————

弱アルカリ性化粧品とは、
以下のpHの数値内の液性のものです。

・ 酸性     pH 3.0未満
・ 弱酸性    pH 3.0以上 ~ 6.0未満
・ 中性     pH 6.0以上 ~ 8.0以下
・ 弱アルカリ性 pH 8.0を超えて 11.0以下
・ アルカリ性  pH 11.0を超える

酸性・中性・アルカリ性と横並びにありますが、
いずれもpHの数値で次のように区分され、
弱アルカリ性はpH8.0を超えて~11.0以下の範囲
穏やかな作用を示します。

——————————————————————

皆さん温泉は好きですか?
美肌の湯と言われる温泉は、そのほとんどが”アルカリ性”です。
温泉に入ると肌がいつもよりモチっとしませんか?
それはアルカリ性の働きによるものが大きく関係しています。

先ほども少し説明しましたが、
弱アルカリ性のものを弱酸性の肌につけると
毛穴が一気に開き、閉じる好転反応が起こります。
これが、天然のアンチエイジングとなるのです。

 

肌に運動をさせることで、肌代謝も促進され、
肌が自らを健やかに保とうと努力します。
よって素肌が強くなり、常に美肌をキープできるようになります。
肌を甘やかさないということに繋がるのです。

また、毛穴が開いた瞬間に美容成分をグッと肌に閉じ込めるので
補いたい栄養が肌表面に留まることなく奥まで行き渡り
潤いやハリ艶を引き出てくれます。

 

弱アルカリ性化粧水「Tocco化粧品」は、
敏感肌の方にも安心してお使いいただける
皮膚科医も認める化粧水です。

【ToccoエクストラEGFローション】

左 【Tocco エクストラEGFローション】
右 【Tocco ピュアバリアローション】

 

弱アルカリ性に傾けた化粧水が
肌角質の隅々にすばやく浸透していき、
その後、毛穴のキュッと引き締めるので
キメの細かな透明感のある肌へと導きます。

また、肌本来の力をグッと引き出すことで
肌免疫を向上させ、トラブル肌を未然に防げる
強く美しい肌をつくります。

油を洗い流す効果が強いので、
余分な皮脂をしっかり落とし、
補いたい美容液だけを肌に入れ込みます。
さっぱりとした使い心地でありながら、
保湿力に優れています。

もっと詳しく知りたい方はこちらをチェック▼
Tocco化粧品の秘密